インビザラインとその他のマウスピース矯正との違い│大阪梅田でインビザライン・矯正歯科・マウスピース矯正を行なう歯医者「アモウデンタルクリニック」

インビザラインと
その他のマウスピース矯正の違い
invisalign and other

ほかのマウスピース矯正と何が違う? インビザラインとその他のマウスピース矯正の違い

インビザラインとその他のマウスピース矯正の違い

マウスピース矯正には、インビザラインを含むさまざまな種類の方法があります。こちらではインビザラインとその他のマウスピース矯正ではどのような違いがあるのかをご説明します。

インビザラインとその他のマウスピース矯正の違いに関して

治療の流れ

インビザライン

インビザラインによる矯正治療は、カウンセリングと精密検査の後、以下の流れで治療が進みます。

  1. 歯列、噛み合わせの型どり
  2. 患者さまの歯の3Dモデルの作製
  3. シミュレーション・治療計画
  4. マウスピース型矯正装置(アライナー)の作製
  5. 治療開始(アライナーの装着)
  6. 治療完了、保定

インビザラインと他のマウスピース矯正とで大きく違うのは、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を作製するための歯型どりが、治療前の1回で済むという点です(※治療終了時に微調整が必要なケースでは、再度歯型を取って矯正装置を作製します)。
また、インビザラインでは、歯型の模型を使って治療計画を立てるのではなく、患者さまの歯型を3D画像化したデータ(3Dモデル)をもとに、コンピュータの専用ソフトウェアを使って、歯の移動のシミュレーションを行ない、最適な治療計画を立てます。

その他のマウスピース矯正

マウスピース矯正はインビザラインの他にも、たくさんの治療方法があります。細かい治療の流れはそれぞれ異なりますが、多くのマウスピース矯正では、カウンセリングと精密検査後、以下の流れで治療が進みます。

  1. 歯列、噛み合わせの型どり
  2. 治療計画
  3. マウスピース型矯正装置(アライナー)の作製
  4. 治療開始(アライナーの装着)
  5. 治療完了、保定

インビザラインとの大きな違いは、歯型どりの回数です。インビザラインではアライナーを作製するための歯型どりは治療前の1回のみであるのに対し、すべてではありませんが、多くのマウスピース矯正では次の段階の矯正装置につけ替えるタイミングで毎回歯型の採取を必要とします。
また、インビザラインのようにコンピュータ上で治療計画を立てるマウスピース矯正もありますが、多くのマウスピース矯正では歯型模型を使って治療計画を立てます。

アライナーの作製方法

インビザライン

患者さまの歯型を取り、模型を作製します。その模型とレントゲン写真、口腔内写真をインビザラインの開発元であるアライン・テクノロジー社に送ると、それらの資料をもとに患者さまのお口の状態を再現した3D画像(3Dモデル)が作製され、担当の歯科医師にデータが送信されます。
歯科医師はその3Dモデルをもとに専用のコンピュータソフトを使って歯の移動をシミュレーションし、治療計画を立てていきます。そして、その治療計画のデータから、アライン・テクノロジー社にて治療完了までに必要なすべてのアライナーを作製します。
「iTero」という3D光学スキャナーを導入している医院では、シリコン製の印象材ではなくiTeroを使って歯型どりを行ないます。iTeroで歯を撮影することで、患者さまの歯の形状と歯列の状態をデータ化でき、そのデータをもとに3Dモデルを作製します。iTeroで撮影したデータはすぐにインターネット経由でアライン・テクノロジー社に送れるので、歯型の模型を輸送する場合よりも早くアライナーを作製することができます。当院ではiTeroを導入しているので、スピーディーで精密なアライナーの作製を可能としています。

その他のマウスピース矯正

患者さまの歯型を取り、模型を作製します。模型において矯正する箇所を移動して、歯を動かす方向を決定します。そして、その移動させた模型をもとにアライナーを作製します。
次の段階のアライナーにつけ替えるタイミングで再度歯型を取り、同じように模型をもとにアライナーを作製します。

治療実績

インビザライン

インビザラインは1997年に開発されて以降、現在では日本を含む世界100カ国以上の国々で提供され、これまで520万以上の方が治療を受けてきた実績があります。(2018年1月現在)この実績から、インビザラインは世界中の数多くの患者さまに選択されてきた信頼できる治療方法だといえます。

その他のマウスピース矯正

日本国内におけるシェアの高いマウスピース矯正もありますが、世界的にみると、インビザラインの実績とシェア率にはおよびません。 ただし、それぞれのマウスピース矯正に特徴があり、患者さまご自身の歯並びとご要望にあった方法を選択することが大切です。