矯正歯科

HOME >> 診療内容一覧 >> 矯正歯科 >> インビザライン矯正の流れ

インビザライン治療の流れ

当院では、通常以下のような流れでインビザラインを行なっています。
症状などによっては、途中の工程の増減や変更などがある場合もありますので、治療を受けられる際に歯科医師にご確認ください。

インビザライン矯正を始めるまでの5つのStep

step1 無料相談

カウンセリング

歯並びに関するお悩みや治療のご要望などをお伺いします。
矯正専門医が患者さまのお口の状態を拝見し、必要な処置、抜歯の必要性などの治療計画、おおよその治療期間、治療費などについてご説明します。

 

step2 精密検査

検査・事前治療

口腔内写真・レントゲン写真撮影などの精密検査を行ない、診断模型を作製するための歯型採取を行ないます。
歯のクリニーングは必要であればこのときに行ないます。また、虫歯がある場合は虫歯治療を優先します。
親知らずの抜歯が必要と診断された場合、インビザラインの治療開始前に抜歯をしていただく場合があります。

 

step3 歯型採取

歯型採取

スキャニングによりアライナー作製のための歯型採取を行ないます。
データはアメリカのアライン・テクノロジー社に送付します。

 

step4 シミュレーション

アライナー作成

同社にて、スキャニングデータや口腔内写真・レントゲン写真のデータから、治療計画のための3Dシミュレーション画像が作製されます。
そのデータが担当医に送信されるので、それを元に治療計画を立案します。この流れは治療の仕上がりに関わる重要な工程となります。
完成したシミュレーション画像を患者さまにご覧いただいて治療計画をご説明し、治療開始前に仕上がりをシミュレーションでご確認いただきます。

 

step5 準備完了

装着方法の説明

治療完了までに必要なアライナーが一度に作製され、約1〜1ヵ月半後に届きます。
アライナーの取り外しの練習をしていただき、その際使用方法や注意事項についてご説明するので、2週間使用していただいた後は、ご自分で次の段階のアライナーに交換していただきます。
次回使用していただくアライナーは、来院していただくごとにお渡しします。

ページの先頭へ

インビザライン矯正治療 開始〜完了

step6 治療開始

アタッチメント装着

3つ目のアライナーを使用するときから、アタッチメントを装着します。
アタッチメントは歯の表面に装着するレジン(プラスチック)製の立体的なタグです。アライナーを効果的に機能させるために使用しますが、歯に近い色なので目立ちません。
アタッチメントの数や装着する歯は、患者さまによって異なります。

step7 定期検診

矯正の進行具合・虫歯などのチェック

1〜3ヵ月に1度、アライナーを装着した状態で来院していただきます。
アライナーと歯の適合性、アライナーの装着時間、口腔内の衛生状態などを確認します。

 

step8 治療完了

噛み合わせの確認

噛み合わせの確認や、シミュレーション画像と実際の仕上がりを比べます。
微調整が必要な場合は、再度歯型採取を行ない、アライナーを作製して治療を継続します。この流れを繰り返すことがありますが、追加費用はいただきません。
歯並びや噛み合わせが良好な場合は、1〜2ヵ月間最後のアライナーを使用し、その後、保定を行ないます。

 

step9 保定期間

シミュレーション

歯を動かした後でも、歯周組織の安定には時間がかかります。また、噛む力によって整った歯並びが崩れ、元に戻ってしまうことがあります。それを防ぐために必要なのが『保定』です。
保定には、マウスピースを継続して使用する方法や、前歯の裏側にワイヤーを装着する方法などがありますが、患者さまの歯の状態に合わせて選択します。
保定の期間は、基本的に矯正治療を行なった期間と同じとなります。

 

矯正治療後について

きれいになった歯並びをいつまでも良好な状態で維持できるよう、口の病気の予防する意味も込めて、矯正治療後も定期検診を受けましょう。

ページの先頭へ