矯正歯科

HOME >> 診療内容一覧 >> 矯正歯科 >> インビザライン矯正

審美性に優れた矯正”インビザライン”

インビザラインの特徴

『インビザライン』はマウスピース矯正のひとつで、『アライナー』という透明のマウスピース型の装置を使用して行なう『見えない矯正』治療です。アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した『クリンチェック』という3Dソフトウェアを使用し、治療開始から完了までの総合的な治療計画を立案・検討できる、最先端の矯正治療技術です。

歯科医師が立案した治療計画に基づいて、治療完了までに必要なアライナーの数や形状を決定し、それらを最初の段階で一度に作製します。約2週間に1回、異なる形状のアライナーと交換し、それを繰り返しながら継続的に使用することで、少しずつ歯を移動させます。

インビザラインの最大の特徴は、アライナーが透明で薄く、目立ちにくいということです。そのため、周りの人から装着していることをほとんど気づかれません。
一般的な矯正装置のようにブラケットを使用しないので、粘膜を傷めることがなく、歯の移動量はアライナーひとつで0.25mmと決められているので、歯に過剰な力がかかることもありません。

取り外せるのでいつも通りに飲食でき、汚れたとしても簡単に洗浄できるので、衛生的です。装置が邪魔になることなく、いつも通りに歯磨きできるので、虫歯になるリスクも低くなります。
アライナーはプラスチック製なので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

矯正治療症例
ページの先頭へ

インビザラインと他の矯正との違い

インビザラインのように『見えない矯正』には、同じくマウスピース矯正である『クリアアライナー』や、ブラケットを歯の裏側に装着する『裏側矯正』などがあります。
ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

インビザライン

3Dソフトウェアを使用して治療開始から完了までをシミュレーションします。その段階で必要なアライナーの数や形状を決定し、それらを一度に作製します。

メリット

  • 透明なため、周りの人からはほとんど気づかれない
  • 取り外していつも通りに食事ができ、歯磨きもできるので虫歯になるリスクが低い
  • クリアアライナーに比べ、治療期間が短い
  • 1回あたりの治療時間が短い

デメリット

  • 重度の叢生(八重歯、乱ぐい歯)や、歯を大きく動かす場合には適応しない(部分矯正を併用すれば適応する)
  • ブラケット矯正に比べ、治療期間がかかる
  • 取り外せるので、装着を怠り計画通りに治療を進行できない可能性がある
クリアアライナー

インビザラインと同じく、透明のマウスピース型装置を使用します。治療の進行に応じて異なる形状のアライナーと交換しますが、毎回歯型を取ります。

メリット

  • 透明なため、周りの人からはほとんど気づかれない
  • 取り外していつも通りに食事ができ、歯磨きもできるので虫歯になるリスクが低い
  • 毎回歯型を取って装置を作製するので、途中で虫歯治療を行なえる
  • 1回あたりの治療時間が短い

デメリット

  • 重度の叢生(八重歯、乱ぐい歯)や、歯を大きく動かす場合には適応しない(部分矯正を併用すれば適応する)
  • 顎の骨は動かせない
  • インビザラインに比べ、治療期間がかかる
  • 取り外せるので、装着を怠り治療の進行が遅れる可能性がある
裏側矯正

ブラケットやワイヤーなどの装置を歯の裏側に装着する方法で、『舌側矯正』『リンガル矯正』などともいわれます。表側からは装置が見えないので、治療中であることにほとんど気づかれません。

メリット

  • 歯の裏側に装着するため、周りの人からはほとんど気づかれない
  • マウスピース矯正に比べ、幅広い症状に対応できる
  • 治療完了後に後戻りしにくい

デメリット

  • 歯をきれいに並べることが難しいので、結果が歯科医師の技術力に左右される
  • 歯の裏側に装着するため、舌に違和感を覚える
  • 慣れるまで歯の裏側に舌を当てて発音する言葉(「さ行」「た行」「ら行」)が、発音しづらい
  • 慣れるまで食事しづらく、違和感を覚える
  • 装置が邪魔になるので、歯磨きしづらい
  • 表側矯正に比べ、治療費が高額になる
  • 表側矯正に比べ、治療期間が長くなる
矯正治療症例
ページの先頭へ

インビザライン矯正に適した症例

インビザラインは、ブラケットやワイヤーを使用する一般的なブラケット装置とは異なり、目立たない透明なアライナーで矯正治療を行なえる画期的な方法です。ただし、ブラケット装置よりも適応できる症状の範囲が狭く、インビザラインのみですべての不正咬合の治療を完了できるというわけではありません。
しかし最近では、インビザラインと部分矯正を併用しての治療が可能になり、従来であればインビザラインの使用が適さなかった症状でも、インビザラインを使用して治療を行なえるようになりました。
ただし、歯並びや噛み合わせによっては適応しない場合もあるので、まずはインビザラインの治療経験・症例が豊富な当院の歯科医師にご相談ください。

以下の症状は、インビザラインのみで治療を完了できる可能性が高くなります。

  1. 叢生(八重歯、乱ぐい歯)の程度が軽い
  2. 奥歯の噛み合わせにおいて、前後のずれが少ない
  3. 上下の噛み合わせにおいて、前後・左右のずれが少ない
  4. 開咬(奥歯が噛み合っても、前歯が噛み合わない)、過蓋咬合(噛み合わせが深く、下顎の前歯見えない)など、垂直方向の問題がない

上記以外の不正咬合の場合は、部分矯正を併用します。具体的には、最初に部分矯正を行なってあらかじめその部分の歯並びを整えておき、その後にインビザラインでの治療を行なうことになります。
インビザラインのみでの治療の完了が難しい症例でも、この方法ならインビザラインを使用して治療を行なうことができます。
たとえば、重度の叢生で小臼歯の抜歯が必要な症例の場合、目立たない奥歯だけブラケット矯正を行なって正しい位置にしておくことにより、その後の治療の大部分をインビザラインで行なうことができます。

矯正治療症例
ページの先頭へ

10代向けのインビザライン ティーン

いつも通りの生活を送りながら、お口とカラダの成長を整えます

メタルブラケット(金属の矯正装置)

『インビザライン・ティーン』は、永久歯が完全に生えそろっていない10代の方が矯正治療を行なうときの課題点に着目した治療法です。第2大臼歯(中央から7番目の歯)が生えそろう小学校高学年から中学生くらいのお子さまであれば、行なうことができます。

この時期のお子さまは、身体の発育とともに顎も発育するため、矯正治療を行なうと顎の骨から動かすことができ、顎の拡大や歯の生えてくるスペースの確保などが容易に行なえます。そのため、大人になってから治療を始めるよりも効果が現れやすく、本来であれば抜歯を必要とするほどの叢生でも、抜歯することなくきれいな歯並びに整えられる可能性が高くなります。
噛み合わせも正しくなるので、口腔衛生だけではなく全身の健康維持にもつながります。

インビザライン・ティーンの最大の特徴は、これから生えてくる歯のスペースを確保してアライナーを作製できることです。治療計画を立案するとき、生えていない歯や生える途中にある歯に対する萌出スペースを設定できるので、実際に歯が生えてきたときに「アライナーが合わない」などの問題が起こりません。
お子さまの場合、アライナーの管理が行き届かず、紛失・破損してしまう可能性もありますが、それらに対応できるよう、6個(上または下顎6個、もしくは上下顎3セット)の交換用アライナーが含まれています。

装置が目立たないことはもちろん、スポーツや楽器演奏など部活動や趣味に与える影響が少ないので、お子さまが心理的負担を感じることなく治療を継続できます。取り外せるので装置が邪魔になることなく、いつも通りに歯磨きできるので、大切な永久歯を虫歯から守ることもできます。

ページの先頭へ