一般歯科

HOME >> 診療内容一覧 >> 一般歯科

一般歯科

当院では各種保険治療や、虫歯予防のための治療など、毎日の生活を支える歯を守るための治療をご用意しています。

小児歯科

お子さまの歯や顎の骨は大人に比べて柔らかいため、虫歯がとても早く進行します。お子さまの将来のためにも、しっかりとしたデンタルケアを早期に行なうことが重要になります。年に数回定期検診へお越しいただき、お子さまのお口の中をチェックしてみてはいかがでしょうか?

上手な歯のみがきかた

小児歯科・上手な歯のみがきかた

歯の外側(ほお側)は、歯の根本に歯ブラシを当てて
小さく前後に動かしながら磨く。

小児歯科・上手な歯のみがきかた

歯の内側(舌のある方)は、歯の内側に歯ブラシを当て、回しながら磨く。

小児歯科・上手な歯のみがきかた

前歯の内側は、歯ブラシを立てるようにして、歯肉から歯の先の方へ歯ブラシを引くようにして磨く。

小児歯科・上手な歯のみがきかた

歯の噛み合わせは、奥の方から前に向けてかき出すように磨く。

ページの先頭へ

虫歯治療

虫歯とは、口の中で繁殖した細菌が、食べカスなどの糖質を分解して酸を出し、この酸が歯を溶かして穴をあけてしまう現象のことをいいます。

虫歯の進行と治療方法

自覚症状のない初期虫歯なら、毎日の歯磨きなどで元に戻る(再石灰化する)ことが多いのですが、黒くなってきたら早めに治療を行なうことが大切です。早期発見・早期治療で痛みが大きくならずに済み、治療期間が短く、治療費も低額で済みます。 当院では、痛みが苦手な方のためには痛みの少ない麻酔もご用意しております。

C0(表面の脱灰)

歯が溶け始めた状態で、見た目ではほとんど虫歯とわかりません。
毎日の歯磨きで進行しないようにしましょう。

C1(初期虫歯)

歯の表面に穴があいた状態で、痛みはありませんが、レジン(プラスチック)などで治療が必要です。

C2(中期虫歯)

表面のエナメル質の内部に細菌が達した状態で、冷たい物や甘い物がしみ始めます。インレー(削った部分を補う詰め物)やクラウン(大きく削った部分を覆う被せ物)などの治療が必要です。

C3(後期虫歯)

細菌が神経にまで達しています。根管(神経や血管の入っている管)の治療を行ない、クラウンなどで修復します。

C4(末期)

神経が壊死し、歯が大きく破壊され、歯根だけが残った状態です。ほとんどの場合、抜歯になります。 しかし、条件がそろえば再植や矯正的挺出、歯冠長延長術などで残せる場合があるので、ご相談ください。

ページの先頭へ

予防歯科

毎日欠かさず歯磨きをしていれば、虫歯や歯周病の心配はないと思っていませんか?
しかし、プロのケアを受けておくことで、高確率で虫歯の発生を予防することが可能です。虫歯ができてから治療をするのではなく、虫歯にならないために処置をする、それが予防歯科です。当院では予防歯科に力を入れ、子どもから大人まで長期にわたって歯の健康が保てるよう支援しています。

PMTC

PMTCPMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略で、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具で歯をクリーニングする方法です。自分で行なう歯磨きでは除去できないバイオフィルム(膜状の菌)を除去することができ、着色汚れを落として光沢を出すこともできます。

歯科医療の進んでいる北欧では、PMTCのために歯科医院に通う方が多く、虫歯のある方が日本に比べ格段に少ないといわれています。 PMTCの効果を持続させるためには3〜6ヵ月に1度受けることをお勧めします。

フッ素塗布

歯にフッ素を塗ることで、表面のエナメル質を守り、細菌の酸を作る働きを抑え、初期虫歯を修復し、虫歯になりにくい強い歯を作ります。フッ素の効果を持続させるために、3〜6ヵ月に1度受けることをお勧めします。

ページの先頭へ

歯周病治療

歯周病とは、磨き残した歯垢や歯石などが原因で、「歯と歯肉の隙間に細菌が入り込み、歯肉の腫れや出血を引き起こし、徐々に歯槽骨を溶かして、最終的には歯が抜け落ちてしまう」という恐ろしい病気です。自覚症状がないまま進行することから、「沈黙の病気」ともよばれています。

悪化してからでは、治療費用や期間がかかるので、日頃から定期検診やPMTCなどを行ない、歯周病予防に努めることが大切です。

歯周病の検査

まずは歯周病の検査を行ないます。歯周病の進行具合や菌の種類などを把握し、治療計画を立てていきます。

X線写真

歯槽骨がどのくらい吸収されているかを確認します。

歯周ポケットの測定

歯周ポケットの深さを確認します。

歯茎の出血

歯周ポケット内の炎症、出血の有無を確認します。

噛み合わせ検査

噛み合わせを確認します。噛み合わせが正しくないと、余計なところに力が加わり歯肉を痛め、その部分から歯周病が発症しやすくなります。

ページの先頭へ