インプラント

HOME >> 診療内容一覧 >> インプラント >> シンプラント

シンプラント

シンプラント 当院では、インプラント術前シミュレーションソフト、『SimPlant』(シンプラント)を使用しています。同タイプのソフトとして世界で最も多く使用されていることから、非常に信頼性の高いソフトといえます。

従来のレントゲンの平面画像だけでは、内部の状態を正確に把握することが困難で、実際に手術を行なってから内部の状態に合わせて、予定の角度を変更しなければいけないこともありました。
しかしCTの3D画像とシンプラントにより、あらゆる角度から顎の骨が立体的に表示され、レントゲン画像ではわからなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。

また、CT画像から得られる3D画像で、お口周りの構造を立体的に確認することができるので、患者さまにご説明する際、よりわかりやすくお伝えすることができます。このように、精細な画像による治療説明や、手術のイメージトレーニングを行なうことで、患者さまは納得したうえで手術に臨むことができます。

シンプラントを利用するメリット

シンプラントを使用することにより、より正確な手術方法を選択することができます。 とくにシンプラントは、世界中の主要メーカーのさまざまな型のインプラントに対応しているので、症例によって異なるインプラントを使い分けることが可能です。

シンプラント使用による手術の流れ

■ 診察・インプラント治療方針立案

Step.1
お口の中の型を取る
Step.2
CTスキャン撮影

CTスキャン撮影をします。

Step.3
3D画像解析・手術のシミュレーション

CTスキャンデータを基に、神経や歯根の位置を確認しながら、インプラントの埋入手術をシミュレーションします。使用するインプラントの選択、埋入の位置や角度など、精密な手術計画を立てます。 無歯顎なら粘膜支持、少数歯欠損なら歯牙支持でのフラップレス…と症例に合わせてガイドを支持するタイプを選択できます。

Step.4
手術用ドリルガイド(サージガイド)作製

シミュレーション通りに手術を行なうための手術用ドリルガイド(サージガイド)を作製します。 骨支持を行なう症例の場合、患者様の骨と類似したモデルを用意して、歯科医師がリハーサルを行なうことも可能です。

Step.5
仮歯の作製

お口の中の型と手術後の型のシミュレーションによって、仮歯を作製します。

Step.6
義歯(最終補綴物)の装着

手術終了後すぐに、あらかじめ作製しておいた義歯を装着します。
その日に食事することも可能です。

Step.7
術後の診察と説明

診察して問題がないか確認し、その後のメンテナンス方法や留意点などをご説明します。
これで、すべてのインプラント治療が完了となります。

ページの先頭へ