インプラント

CT

CTスキャン画像 当院では歯科用CTを完備しています。

撮影時に記録される画像の中から、ピントのあった画像を自動的に選び、詳細なパノラマ画像へと再構成します。
従来の平面的なレントゲン写真では、神経や血管の走行位置など詳細な部分を確認できませんでしたが、CTスキャンを使用することで、それらを立体的に確認できるため、解像度が得られにくかった前歯部においても精細に表現することができるようになりました。

低被ばくで高性能のPreVista(R) Uni-3D

低被爆で高性能のコーンビームX線CT装置 歯科用CTは「京セラメディカルのPreVista(R) Uni-3D」を採用しています。

正確なCT画像診断は、治療目的に合わせて最適な撮影範囲(解像度)を設定することから始まります。
従来のCT装置よりも、卓越した3D技術と正確なポジショニングの設定が可能となり、さらに高精細画像となりました。
また、放射線量も必要最低限になり、患者さまへの被ばく量が大幅に低減しました。

非常に緻密な手術を行なう歯科治療のため、さまざまな角度から撮影した豊富な3次元画像データをもとに、詳細な診断を行ないます。

3Dデータを利用しコンピュータで分析

ガイデッド・サージェリー(GuidedSurgery) 当院では、歯科用CTで撮影したデータをもとに、インプラントの術前シミュレーションと埋入プランニングのコンピュータソフトを利用して、ガイデッドサージェリー(GuidedSurgery)を行なっています。

ガイデッド・サージェリーとは、CTで得られた情報を基に、インプラント埋入プランニングソフトを使い、より正確で安全な手術を行なう方法です。
手術前により正確な顎骨の状態、血管や神経の位置などを把握し、コンピュータで分析したうえで行なうので、リスクが少ない、通院回数や回復までの期間が短いなど、メリットの多い手術方法です。

当院では、コンピューターサージェリーソフトとして、ノーベルバイオケア社のノーベルガイドを所有しています。CT検査で得られた情報を最大限に活用して、困難な手術を患者さまの負担にならないよう安全に行なうことが可能になります。

ガイデッドサージェリーの注意点

以下のような場合、ガイデッドサージェリーでは治療が行なえない可能性があります。

  • 骨が軟らかい方や、一部の症例によっては、その日に仮歯を入れることができません。 3〜4ヵ月間程度経過して、埋め込まれたインプラント体の周りの骨が安定してから、人工歯を装着します。
  • お口の中の状態によっては、インプラント治療そのものが適さない場合があります。
ページの先頭へ