インプラント

インプラントとは

インプラント(人工歯根)を使用した治療イメージ

インプラント治療は、虫歯や歯周病などで歯を失った場合、その部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工歯を装着する治療法です。

従来であれば、歯を失った部分は入れ歯やブリッジなどで補ってきましたが、力を入れて噛むことができない、ガタつく、発音が不明瞭になるなど、さまざまなデメリットがありました。
しかしインプラント治療は、インプラントと顎の骨がしっかりと結合するため、ガタつくことなく力を入れて噛むことができます。また、人工歯は自然な色調なので、審美性にも優れています。

治療後は、日常的なケア・定期検診を行なえば、長期間ご利用いただけます。

インプラントの素材

インプラントの歴史は古く、紀元前から使用されていたと言われています。貝殻、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われてきましたが、どれも良好な結果が得られずにそのまま使われなくなっていきました。

しかし、スウェーデンの学者で、応用生体工学研究所所長のペル・イングヴァール・ブローネマルク教授が1965年に開発したチタン製のインプラントが、驚くべき成果をあげました。最初に治療を受けた患者さまが亡くなるまでの40年以上、最期までインプラントは完璧に機能し、後遺症もなかったと報告されています。これは、インプラントの材料である金属、チタンが骨と結合するという特質をもっているからです。

人体へ入れる人工関節、人工心臓、ボルトなどの素材としても広く使用されているチタンは純チタンで、生体親和性に優れ、アレルギーを起こすことはほとんどありません。

インプラント治療の成功率

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジと比べ、さまざまな利点があることで注目されています。
インプラントの成功率はおよそ98% (失った歯の部位などによって異なります)となっており、非常に高い確立で成功しています。当院では、診療室とは別に手術室を完備し、徹底した衛生管理のもとで治療を行なっています。また、熟練した技術をもって対応するなど、患者さまに安心して治療を受けていただけるよう心がけています。

インプラント保証制度で更に安心!

当院では、治療が終了した後も患者様に安心して快適な生活を送っていただくために、インプラント保証制度を設けています。詳しくは『インプラント保証制度』のページをご覧ください。

インプラント保証制度の詳細はこちら >>

ページの先頭へ